にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

夏休み振り返って・・・

 昨夜、東海大学のシンポジウム。
 障害児との関わりについて考えました。。。

 私は富山型デイサービスでの障害児の過ごし方については、「自由・遊び・楽しい」がキーワードで、
 学校から「ただいまー」って笑顔でにぎやかに帰ってきてくれることが何よりと思ってる。
 
 そこに教育とか躾とか、訓練とかはできるだけしたくない。
 
 子供たちは学校と家の往復だと、自由な時間。自分の時間が確保しにくい。
 特に障害を持ってる子供は常に大人の目にさらされていて、管理されてる。
 当然安全を考えなきゃいけない面もあるから、仕方ないところもあるんだけど、
 子供らしく、めいいっぱい楽しいことを確保したいな~って。

 うちの息子が小学校6年生の時に「息が詰まる」って言った事があって、
 子供のその感情に気がつこうとしない限り、大人は気づかないと思うんだよね。 
 立派な親ほど、ついつい目をかけ、手をかけしてしまう。
 でも、案外それが子供の成長を妨げたりすることもあるよね。


 にぎやかは、子供たちを決して放置してるわけじゃなく、汗水流し、子供の笑顔と元気に振り回されたといっておきましょうか・・・。
 大変だったけど、今夏休みを振り返っても子供たちの笑顔が思い出されます。
 毎日、毎日、子供たち、嫌がらずに通ってきてくれました。
 そのことで、自分たちの仕事。「これでいいのだ~」と今は納得しています。

 先生がたの話を聞いて、もっと工夫する点もあると思います。
 凝り固まった考えにならないよう、これからも「どうしたらいいかな~?」って考えることも大切にすることをここに宣言しまーす。
by cherrypiepie | 2010-09-06 18:04 | 講演 | Comments(0)