にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

決戦のあと・・!

富山市への「障害児・者福祉について」の要望。
延長戦になっていたのですが、
昨日、一応の終戦を迎えた感じです(-.-)

戦いを終え、
富山市役所ロビーにて、
ソフトクリームを食べながら、

 
d0180229_8501957.jpg


「な~ん話にならんちゃ」
「あ~言われた。こ~言われた。」
「えいよ。びっくりしたちゃ~」 

などなど。


私には、客観的に素敵!!
この夏の暑さに負けない 熱い人たちです。
多分、近づいたら火傷します(*^^)v



富山市福祉部の部長が列席され、
始まるや否や、
もう喧嘩状態でした。

私が若干遅れて会議室に入った時には、もうその状態で、
どうしようかと思ったもんね!!

部長は、前回の会議で
富山型サイドが優勢的に意見を突き付けてたので、
最初から強気で攻めようと作戦があったのかもしれません。

それにしても、
お互いの意見を出し合っても、

行政と現場。

制度や事業、資金繰りで正論をつきつける行政にたいし、
思いや夢や展望と、現実より理念を優先する現場。

歩み寄る姿勢がなければ、交わりにくい世界。


どちらも必要な存在であることを認めつつ、
何か良い方法がないかと思案できることが理想だと思いますが、、


どうも、富山市は富山型サイドの要望は、強迫のように聞こえる傾向があるようで、
対等な関係というか、、
同じ目線に立っての関係が作りにくいように思いました。

よりよい福祉。
よりよい地域。
素晴らし富山市のための要望なのにね。


ただ、行政とあれだけ本音で喧嘩ができるというのも、素晴らしいことで、
富山型デイサービスが誕生して18年。
それまでの実績があって、できることと思います。

行政も
こんなに強気な民間団体は厄介な存在でありつつ、
頼りになる奴らだと
敬意をもってくれてるものと思います。

もう少し、
私たち暴れん坊を上手に扱えば、
富山市の福祉はもっと
市民にとって身近な存在になれるだろうと確信しています。

富山型デイサービスの女は、
ソフトクリームで幸せになれるんだから、
単純なんです。

難しく扱わず、
上手に利用してくださいませ。
by cherrypiepie | 2011-08-12 09:08 | にぎやか | Comments(0)