にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

授業参観

3年生になって初めての授業参観。
1~2年生の時の担任、カリスマ教師仙田先生とはお別れ。

新しい先生の授業を楽しみに教室に入った途端!!

驚愕の事態が目にはいってきた(@_@;)

「美月が、今真夏かよ!ってな格好になっている。」

今朝、長袖Tシャツ、袖なしのチュニック。下はジーパンをはいて出て行ったはずの美月が、
チュニック一枚。

チュニックはチュニックでも、
かなりサイズ小さ目なので、
丈も短く、パンツが見え見え。


「ちょっと~!!」
 ・・・・とズボンはかせる間もなく授業が始まってしまった。。。。

美月はその服装をおかしいとは思っていないらしく、
手を挙げて、発表しようとしている~(T_T) マジかよ!

前にでて発表する美月の姿を、
参加している親たちは、
「おかしい!」と思うはずだ。。。


授業がおわり、PTAの総会やら、学年懇談会のあと、
いてもたっても居られず、
担任の先生に詰め寄った。

「先生、うちの娘はいつからあの服装だったのでしょうか?」

「朝、ランニングが終わって、暑いって言われて脱ぎました。本人大丈夫だと言うもので・・・・」って!!

「先生、暑い寒いの問題じゃないでしょ。ズボンはかせてください。」

多分「ズボンはかせてください」を3回ほど連呼し、私は感情的になって涙が出た。


「先生にも子供さんおられるでしょ!オシャレとか流行とか、そんな自己表現のファッションでなく、
当たり前に集団の中で最低のマナーとしての服装をちゃんとさせておいてください。

しかも今日は授業参観。
沢山の親が来ているなか、
私は、こんな辛い授業参観は今までになかった。」

・・・・・・と。


「どう思う?これ。」

私言ってからも後味悪く、
自分がとっても神経質なお母さんに思われただろうし、
美月にとっても、あまり良い行動じゃなかったように思う。

先生にあそこまで言わなくてもと・・・・・・

多分、そこには
「仙田先生だったら・・・」という感情が入り混じっているんだろうと思う。

仙田先生と比べてあれこれ言っても仕方がなく、
先生それぞれの個性があり、
一生懸命頑張っておられることに感謝しなくちゃいけないのに・・・

私の人間の器の小ささが
今日の行動を起こさせたと、ちょっと頭の中も整理できはじめて、反省してます。
by cherrypiepie | 2012-04-21 15:55 | 子育て | Comments(0)