にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

私の言い訳。

子育ての苦手な私の言い訳を・・・・

母親は、
自分の体の中で生命を育て、
この世に産み落とすだけで、
80%の役目は終わってると思う。

・・・いや90%かな?

あと残り10%は、
自分の生きる知恵を子供に見せてくだけじゃないかね。。


生きる知恵は、

「ご飯を食べること」
「身体の清潔を保つこと」
「自然環境と人的環境の危険や美しさを教えること」

これで十分でしょ。

これは、一緒に生活していく中で、
見聞きしてけば大丈夫。



子供の教育や情緒などは、
社会などに飲み込まれていく中で、
その子らしいものが形成されていく。

そこに親があまりに関与しすぎると、
歪みが生じるように思う。

まっ、それも外的刺激で
子供の成長にあっても良いかと思うけど、

その事で
親の方が、
自分の子育てに善悪の判断を下し始めると
大変だから、やめた方がいい。

子育てノイローゼになっちゃう!!
だめ。だめ。


あらら、、
そう言いつつ、
毎日時間割と宿題と忘れ物がないか?って、やかましく言ってる自分があほらしくなってきた~(*^^)v

子供にまかせておかんなんね。

同じ屋根の下で、
子供と二人でいると、ついつい、あれこれ口を出してしまう。。

自分も反省です。


そもそも
日本の子育てに大きな勘違いを引き起こした原因を

私は美智子妃殿下だと思ってて、

皇室で初めて自分で子育てすると、
システムキッチンで息子と一緒に料理したり、本の読み聞かせしたり、

戦後の生活様式を
皇室のあの映像で定着させてしまったように思う。

丸いちゃぶ台で良かったのに。
軽井沢に静養にいく必要もないのよ~。


日本のお母さんたちは、
親子一緒に遊ぶ姿が、
良い子を育てるためのイメージとして
刷り込まれてしまったように思うな~。


話が大分ぶっ飛んでるかしら?

私の頭イカれてたら、ごめんなちゃい(*^_^*)
by cherrypiepie | 2013-05-10 08:29 | 子育て | Comments(0)