にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

18周年記念・勉強会

 18周年記念
  勉強会は
  講師に「河内かおり氏」を招いて

  対話のすすめ
   ~意見や価値観の違いを尊重するコミュニケーション~
  
  と題して
    お話していただきました。

  ご家族で来てくれました。


d0180229_205934100.jpg


   ご主人の「こうちあきお氏」は

   富山NPO・NGOネットワークが立ちあがった頃からの
    顔見知りですが、

   自然農を職業にしている
    若干浮世離れしている風貌から
    近寄りがたい印象がありました。。


  よって
   この写真のような笑顔は


   素敵な奥様と巡り会い
    可愛い娘さんとの暮らしが
   幸せに満ち溢れてるからこそ。。。。と

   勝手に解釈しています。。。(^^♪
     
  おめでとうございます。。。♪
  
    

   
  
d0180229_21142326.jpg


 
   講師の河内かおりさんは
    アメリカのホスピスの病院で
   13年近く ソーシャルワーカーとして働き

    死を間近にした人たちの
     溢れ出す思いに向き合い
     それこそ
  対話をお仕事にしていた。
   
   コミュニケーションのプロです。

   
   
  講演の始まりに

    「コミュニケーションが上手くなれば
     世の中を変えられる!」と言われ。。。

    

   目の前の人とどう
   対話するか・・・

  そんな
  小さな場面しか想像していなかった私にとっては、
    ピンとこない言葉から始まったのですが、、、


  一時間ほどの先生の話が終わったころには

  

 「日本が今 一番問題なのは、
     コミュニケーション能力の低さだ!!」と。。

  断言できるほど、

   対話の大切さを痛感しました。

  

   私も児童会や
   色々な会議、
    友人との関係などに参加している中で、

  
 ひとつの集団の人間関係を
    滞りなく
    維持していくには

   「同調する!」ということが
    日本人の細胞に刷り込まれているんだろうね。

   違う意見を発すれば
    角が立つし
   空気が読めない。。。とか


  よって
   私は
   にぎやか以外の場所に出ると
  どうしても 意見が合わず
    落ち込んで帰ることが多いです。 (T_T)

 


   そうなると
     周囲の空気に合わせて
  自分の考えを言わないとか。。になっちゃう。


    そんな組織や集団に
     発展は望めないよね。

  
  
そもそも日本は

  学校や家庭の中でも

   教師や親からの意見に対して
  何か違う意見をするということが
   できない環境だったり、

   
   「違っていい」 
  
   という多様性を認めるような
    環境を経験せずに
   育ってきてしまったように思うね

 

   自分とあなたは違っていい!
   違う上でお互いを尊重していけば
   世の中は変わる。。。


    かおりさんのお話は
      夫婦関係から
     日本の政治に至るまで
    すべてに通じる本当に良い話でした。


   講演のあと
 八郎さん(利用者家族)が挨拶したのですが、


     「私はにぎやかの
      やっていることに文句は言いません。すべてゆだねております。。」って。

    大どんでん返しみたいなことを
    言って大笑いしてのですが、

       
   先生の話を踏まえると
    「自分の意見をちゃん発言する」

     
   そして、それを
     尊重することが
   にぎやかのこれからの未来につながるのですから、

    
    しっかりと
     利用者も、家族も、スタッフも
     みんな
    違って当然なのですから、
     意見を出していきましょうね。。


    どうぞ。よろしくお願いします。


    河内かおりさん
    また、さらに深いお話を聞ける機会をぜひ作りたいと思います。

     また会いましょう。。

   ありがとうございます。

      (*^_^*)


   

 

   
   


  

  

   
   
by cherrypiepie | 2015-03-29 21:44 | にぎやか | Comments(0)