にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

尊厳と安全そして責任。

施設や病院は
安全に利用者さんを
お預かりする責任があるから

100%の安全を確保するなら
徹底した管理が必要になる。

それが
自由や尊厳を失うという
苦しみが伴っても



昨夜にぎやかの
夜勤帯で
お泊まりしていた方が転倒、大腿骨頸部骨折という残念な結果に。

夜勤スタッフは
責任を感じ、もっと配慮できたのでは・・と深く反省している。

でも、
スタッフに過失はなく
避けられない事故という私の判断。

しかし、

ある人物から
「にぎやかで起こった事故だから、にぎやかの責任」というような言動があり、
その発言には
とても違和感を感じた。

もちろん
ご家族にもきちんと陳謝し、今後も
誠心誠意力になることを伝えきたが、

もしも、
これについて
「にぎやかの責任だから・・・」という枕詞がつくようなら、



申し訳ないけど、
転倒の可能性や、徘徊のひどい人なら
抑制することも、
施錠することもありますという方針に変えざるおえなくなる。


私たちの責任は
その方がその人らしく生きる権利を守り、
死ぬまでお世話できることに
力を注ぎたい。

もちろん
出来る限りの
安全で安心した環境で。


施設管理を優先するような言葉で使う
責任なら

申し訳ないけど、
にぎやかではできません。



ごめんなさい。
by cherrypiepie | 2016-01-21 20:29 | にぎやか | Comments(0)