にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

謝罪です。

雑誌

暮しの手帖(1948年創刊)を題材にした
朝の連ドラ
「とと姉ちゃん」


編集長の「花森安治」は
広告を掲載しないことにこだわった。


自分たちの
伝えたいことを
伝えられなくなることから


決して
それを許さなかった。

広告を載せることは
自分の魂を売ることに匹敵するほどのこと。


なんのために
雑誌をつくるのか!

そのことへの
こだわりが

戦後
70年。

いまだに愛される
雑誌
「暮しの手帖」の原点になっている。



当初
苦しい経済状況のなか
広告費を集めようとする
とと姉ちゃん

雑誌の中身は変わらないのに
どうしてダメなのか?と。

広告を載せる際に
「雑誌の内容には口出ししない!」という約束を交わしているから
問題ないという

主張にも
断固反対する
花森安治



このエピソードに
強く共感の意を抱き
心が震えた。


うまく
説明できないけど、

私も同じく
強いこだわりがある。

こだわりを捨てれば
簡単に
目の前の問題は解決できるのかもしれない。

でも
それは
とても短絡的で

働く人も
そこで過ごす人たちにとっても
決して
幸せになるものでないと

そう
思っているからできない。


無駄に苦労し
無駄に失敗し

無駄に心配かけることあり、

どんな手段で
陳謝すればいいか
わからない気持ちがあっても

その
こだわりを捨てることができない。


何をいっても
言い訳になるような気がしてならない。



私のこだわりは
自分だけの満足に終わっているように思うから。

こだわりが
ちゃんと
皆さんの幸せにつながるよう
努力しなくては
いけないですね。

明日から
また
にぎやからしく
にぎやかを
続けていきます。


本当に
ごめんなさい。

本当に
ありがとうございます。
by cherrypiepie | 2016-08-02 01:17 | にぎやか | Comments(0)