にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2012年 01月 21日 ( 2 )

魔物退治。

鏡に映る自分の姿を
 「ずっと私の後をついてくる」
 「私の帽子を勝手にかぶっている」

などと、自分でなく、何か憑物にストーカーされているかのように日々おびえていた。。

 テレビや、ガラスや、鏡。
 
 自分が映るたびに、おびえる。


 病院でお薬をもらい、治療していましたが、
 にぎやか利用をきっかけに、病院いくのやめました。

 横暴な対応で、それまで関わっていた関係者から、非難あびそう・・!と

 ちょっと心細くもなりましたが、
 家族も理解を示してくれて、にぎやか利用開始。

 結果だせなくてもいいけど、
 お母さんの状態が今よりひどくなったら、、、

 「ほら。阪井さん。あなたのやり方は独りよがりよ」と言われるのも仕方ないな~と若干の不安を抱えていました。

 

 そして、昨日にぎやかに来られ、
 お母さんが

 「あれ~おっとろしいや!また あいつ 出た」
 
 という度に、
 
 「おれが やっつけてやるわい!」と カッコよく用心棒役を演じきってくれた

 チンケなおじさんこと「テツ」。。。


 さらには、陰陽師のように
 「あんたには悪いものがついている」と、手かざしをし、念力をかける。

d0180229_12295380.jpg


 「おぉ~でたじゃ~。黒い塊が~!!」と肛門から黒いものが出たと。。


 「おかあさん、良かったね。これで、あの人、もう出てこんようになるわ」と・・・と周囲の女子も

 チンケな「テツ」が演じる、偽陰陽師に合わせて、憑物がとれたと・・・大喜び(*^_^*)

 
 その時のおかあさんの顔は、本当に憑物がとれたかのように、すがすがしい表情でした。


 
 今朝、お嫁さんから電話いただきました。

 「おかあさん、昨日、悪い奴を棒でやっつけてもらった~」ってすごい喜んどるがやぜ~!!って。


 魔物におびえて苦しんでいた表情。
 それを見守る家族の不安な空気。
 お母さん、心細かっただろうね。

 
 そんなお母さんに
 
  上手いとは決して言えない演技ながら・・・・

 「用心棒」さらには「陰陽師」の役を使いこなし、

 おかあさんの世界で一緒に魔物と戦ってくれたチンケなおじさんこと「テツ」が、

 大病院の先生の治療より、効果抜群の薬より、

 一番効き目があったみたいよ。。


 よかった。よかった。
 やっぱり、この仕事面白いね~(^^♪
by cherrypiepie | 2012-01-21 12:31 | にぎやか | Comments(0)

県民共済・ナイトバージョン!

昨夜、県民共済CMの打ち上げ会がありました。


 出演者の美女たち。

 さらには、スポンサー様であります「県民共済」

 KNB(北日本放送)関係者、 広告代理店「㈱大広北陸」の皆さん・・・などなど。

 今回のCMに関わった皆さんとの夜の宴。。ナイトバージョン!


いや~思いのほか楽しくて、楽しくて、
飲みすぎ、笑い過ぎで、今日は喉がガラガラです。


  県民共済の理事「永井さん」

  私の目からみて、この中で 一番偉そうな人?と思われるひと。 いや、それは間違いなく「偉い人」なんです。


  その方が、昔福祉関係の世界におられ、私のことを10年も前から知っていてくれた聞き、
  いや~。ありがたかったです。
  
  さらに、永井さんのプライベートの話を聞くにつれ、
 「わお。この人すっごい良い人じゃん!!」と思って、とっても好きになったよ。

 偉そうな人(偉い人)のイメージが 吹っ飛び。
 強面の外見と違い、 チャーミングな可愛い人柄にグッと親近感がわきました。

 


  それにしても
  スポンサー 広告代理店、 テレビ局。

  これは、もう何だか、野望渦巻くような「戦う企業戦士」のややこしい関係の中、酒を飲まなきゃいけないのかと若干気が重かったんだよね。実のところ。
。。。

  でもね、
  そんなチンケな人たちじゃないのよ。
   どの道もそうですが、媚びて仕事を確保できるわけでなく、
  ちゃんと仕事(結果)を出し、
  厳しくお互いを高め合っている信頼関係のもとでつながってるからか、


 駆け引きみたいな関係  ドロドロとした匂いは感じられず、素晴らしチーム力を感じました。

  まぁ!なんであれ、やっぱり 永井理事の人柄です!

   媚び媚び・・・・(私が媚びてどうすんねん!)

  
  富山県民共済 ナイトバージョン素晴らしい!最高!


  

ありがとうございましたぁ~(*^_^*)
   

   
by cherrypiepie | 2012-01-21 12:05 | にぎやか | Comments(0)