にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2016年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧

がむしゃらデイサービス

群馬在住

西はじめ(にぎやかネーム)

出会って
かれこれ
12年ほど経つかね?

現在の職場に連れていってくれました。

d0180229_20244679.jpg



90歳過ぎた
おばあちゃん


笑ってなくても
笑ってるような顔


そして
隣には
男性チームのテーブルがあったんだけど、

全員
死んでるみたいに動かないのぉ~

(#^.^#)

おかしいよね~

どの方も
一生懸命生きてきた結果の
今のお姿

愛おしくて仕方がない。


にぎやかを離れ
違うデイサービスに行っても

張り切って
年寄りとしゃべってる自分を知ると

やっぱり
この仕事
好きなんだな~って

思う。


西はじめも
同じこと言ってた。

やっぱり
やめられないよね~。

ところで、
私、群馬にて
西はじめの車中に
携帯電話を忘れ

数日
不通になってました。

(#^.^#)


携帯電話のない生活

快適でした~。

多少の不便はあっても

何物にも
縛られていない状態。

このまま
携帯電話のない生活続けたいとも思ったけど、

今の私の立場では
無責任な行動になっちゃうんだろうな~。

やーね。
世の中便利になりすぎて!

(#^.^#)


まぁ~
こんな時代だもん。

しょうがないから

(#^.^#)

今日から
復活しました。

24時間
体制で

スタンバイします。
by cherrypiepie | 2016-08-08 20:24 | にぎやか

群馬県前橋市です!

ホルモンおいしい。

d0180229_2335225.jpg


群馬は
コンニャクとネギだけじゃないみたいね。


海のない群馬県
なのに、
魚屋さんがあったり、
寿司屋があったり

当たり前だけど
新鮮に驚いた!!


本日
前橋市社会福祉協議会主催の講演会に
お招きいただきました!

d0180229_2335241.jpg


是非

高崎より先に

!(^^)!

県庁所在地である
プライドをかけて

前橋に富山型
つくってねーー。

社協がんばれー

ありがとうございました。
by cherrypiepie | 2016-08-05 23:03 | 講演

かっちゃん会

正直なところ

退院して

一週間でもいいから
にぎやかで
一緒に過ごせたら
本望だと
思っていました。


d0180229_16305077.jpg


ところがどっこい!!

退院して
もうすぐ4か月になろうとしています。


昨夜は
かっちゃんを囲み

かるーく
宴会


d0180229_16305026.jpg



かれこれ
20年ほどの時を一緒に過ごしてきたからこそ

わかる
笑いのつぼ





d0180229_16305074.jpg



アゴがはずれそうになるくらい
笑いました。



一緒に笑い
一緒に過ごす時間が
すごく
幸せだから


一時間でもいいから
かっちゃんを囲み
一緒に笑う会を

ちょこちょこ
開催しますね。


(#^.^#)
by cherrypiepie | 2016-08-04 16:30 | にぎやか

幸せは~♪♪

歩いてこない

だから
歩いていくんだよ

d0180229_1747597.jpg


人生は
ワンツーパンチ

汗かき
べそかき

みだれてもぉ~

あなたの歩いた
足跡にゃ

綺麗な花がさくでしょ!

腕をふって

胸を張って

足をあげてぇ~

休まないで
あるけ~♪♪


それ
ワンツー
ワンツー

(#^.^#)
by cherrypiepie | 2016-08-03 17:47 | にぎやか

謝罪です。

雑誌

暮しの手帖(1948年創刊)を題材にした
朝の連ドラ
「とと姉ちゃん」


編集長の「花森安治」は
広告を掲載しないことにこだわった。


自分たちの
伝えたいことを
伝えられなくなることから


決して
それを許さなかった。

広告を載せることは
自分の魂を売ることに匹敵するほどのこと。


なんのために
雑誌をつくるのか!

そのことへの
こだわりが

戦後
70年。

いまだに愛される
雑誌
「暮しの手帖」の原点になっている。



当初
苦しい経済状況のなか
広告費を集めようとする
とと姉ちゃん

雑誌の中身は変わらないのに
どうしてダメなのか?と。

広告を載せる際に
「雑誌の内容には口出ししない!」という約束を交わしているから
問題ないという

主張にも
断固反対する
花森安治



このエピソードに
強く共感の意を抱き
心が震えた。


うまく
説明できないけど、

私も同じく
強いこだわりがある。

こだわりを捨てれば
簡単に
目の前の問題は解決できるのかもしれない。

でも
それは
とても短絡的で

働く人も
そこで過ごす人たちにとっても
決して
幸せになるものでないと

そう
思っているからできない。


無駄に苦労し
無駄に失敗し

無駄に心配かけることあり、

どんな手段で
陳謝すればいいか
わからない気持ちがあっても

その
こだわりを捨てることができない。


何をいっても
言い訳になるような気がしてならない。



私のこだわりは
自分だけの満足に終わっているように思うから。

こだわりが
ちゃんと
皆さんの幸せにつながるよう
努力しなくては
いけないですね。

明日から
また
にぎやからしく
にぎやかを
続けていきます。


本当に
ごめんなさい。

本当に
ありがとうございます。
by cherrypiepie | 2016-08-02 01:17 | にぎやか | Comments(0)