にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

富山型ディサービス職員研修会

d0180229_22542095.jpg



ありがたいことに、富山県主催で毎年、富山型デイサービスで働く職員のための研修会を開催してくれています。

 全二日間コースで、年二回開催。
 にぎやかでは、初回が写真の二人。「もときち」と「かおるちゃん」が参加。
 11月の研修には、「やす」と「あーちゃん」が参加します。

 本日、私は研修最終日の最後の授業になる「意見交換会・交流会」という部分を担当させてもらいました。

 ここでは、富山型デイサービスで働く現場スタッフの、悩みや不安を相談しあったり、また自分の職場を自慢したり、自由に発言できる場になっています。
 
 「うちの職場では、毎日レクリ―ションやってまーす。」という意見があれば、「富山型デイサービスはそういうのはしないんじゃないの~?」とか。。。
 「休憩がほしいけど、とれない・・・」というのに対し、「休憩は特別必要と感じない」という意見もあったり。。。。
 
  「富山型だから、こうあるべき!!」と決めつけるのでなく、色々な意見を出し合い試行錯誤の中で、なんとなく漠然と富山型の魅力を再確認できればいいな~と思って参加していました。


  にぎやかの二人は、他の施設の人の話を聞いて、「にぎやかは自由だ~」と思ったようで、「ご飯は幾らでもおかわりできるし、献立表もない。記録もほとんどなく、毎日のバイタルチェックもない。。。。」
  「この間なんて、カップラーメンの日もあったし・・」と自由な環境を楽しんで喜んでおりました。。
  
  ただしです。ここで大切なのは、「自由であるための努力と責任」というのもあるということです。

  「決して、自由に甘んじないでくださいね。」

  怖いのは、ちょっとした事故がその自由を奪うことも簡単だからです。
  自由であることは、それだけスタッフにも責任と努力を必要とされていることを肝に銘じてくださいませ。
  
  当然それは私にも言えることで・・・今一度肝に銘じます(-.-)

   今日はすっかり遅くなってしまった。
   寝ますね~。おやすみなさい。
  
 
 
 
# by cherrypiepie | 2010-09-09 22:54 | にぎやか

花やん(*^_^*)

今日、花やんからファックスが届いておりました。
「阪井さんを大好きになりました。」
「結婚したい」・・・みたいな内容だったような・・・。。

利用者さんや、患者さんという立場の人と、専門職という立場での関係で、
ある程度わきまえた関係でいることが望ましいと考えるなら、
このファックスの内容に戸惑うこともあるかもしれない。。


でも私は素直にうれしいです。
花やんの純粋な気持ち、ちゃんと受け止めますよ~。

利用者との距離の置き方みたいなこと、悩む人あるかもしれん。
私は、いやな時はいや。「NO」を言える、また言われることを覚悟しているから、
全然怖くないんだよね。

相手を傷つけまいという優しさだけの付き合いだと、必要以上に自分の懐に入ってきたら、
どうしていいかわからない。と感じてしまうこともあるだろうけど。

逆にそんな優しさはとっても残酷で人を傷つけると思うん。

そう考えると、私は優しくないので戸惑わない。
正直に言うことが、その時はひどいかもしれん。
でも本当に信頼関係でもって付き合いたいと思ったら、本当の気持ちを伝えることがとても大切だと思う。

・・・・あらら。私今日ちょとお酒が入っているので、とってもくどいかもしれない。
   酔っ払いの戯言とお許しくださいませ。

 
# by cherrypiepie | 2010-09-08 22:59 | にぎやか | Comments(0)

花やんパート2

 花やん、今日は2回目の利用で、私も初対面しました。
 43歳ということで、同年代。
 変な関係にならない程度に仲良くなりたいね。

 変な関係って、まっ。要するにもう妊娠したくないので・・・・037.gif

 耳が殆ど聞こえないので、筆談で質問し、返事は声ではっきり返ってくる。

 色々と興味があって聞いてたんだけど、
 
 赤ちゃんの時の高熱で耳が聞こえなくなって、それから乳児園に入ったきり、殆ど家族とは暮らしていないらしい。。。。家族もバラバラで、
 児童相談所や児童養護施設など施設を転々としていた。

 ほぼ同じ時代に生きた人間としては、すごくショックだったな~。
 この瞬間、私の癖で、すぐに感情が高まり、
 「私があなたのお母さんになってあげる~」なんて言ってた。

 でも、にぎやかで家族の温かさや、これまでに無かった人間関係が築けるといいな~と思い、また勝手に背負うものをみつけてしまいました。。。。トホホ。

 いつまで、どんな風にお付き合いしていくかわかりませんが、
 花やんがこれからいっぱい笑って、楽しい人生が送れることを応援します。

 筆談でのんちゃんと話する花やん。

d0180229_17453619.jpg

# by cherrypiepie | 2010-09-07 17:46 | にぎやか | Comments(0)

花やん初めての日

9月、夏休みも終わるのを待って新しい利用者さんが加わりました。
花やん。43歳。独身。1人暮らし。聴覚障害。

d0180229_1729077.jpg


初利用の日、私が居ないこともあって、のんちゃんが頑張ってくれて、
「どうだった~?」ってメールしたら、以下のような返事が来たので紹介します。


のんちゃんメール(9月3日)

めちゃ・良かったよ(笑)
花さんもよく笑い、楽しんでくれたのではないかと思います。
利用者さん同士のつながりもあったし。
花さんもいろんな手伝いもしてくれたりしてね。

あと、スタッフみんなが新しい利用者さんを招くことで、良い緊張感とやる気みたいなものもあったように思いました。
なんか、えらそうな言い方になっちゃってるね・
何よりも自分自身、楽しかったん。。
好きな仕事ができたな~と思ったん(照)
でも、阪井さんがいなかった分、自分が必死だったんだけどね。
あたしは、ママやおしげさんみたいにはなれないけど自分なりに頑張ったつもりです。
今日の気持ちを言葉で表現するのは、なかなか難しいですわ。
なんのせ、楽しくて充実した1日でした・
これから、花田さんとにぎやかの関係を深めていくことがとても楽しみだな~と感じました。。
# by cherrypiepie | 2010-09-07 17:29 | にぎやか | Comments(0)

夏休み振り返って・・・

 昨夜、東海大学のシンポジウム。
 障害児との関わりについて考えました。。。

 私は富山型デイサービスでの障害児の過ごし方については、「自由・遊び・楽しい」がキーワードで、
 学校から「ただいまー」って笑顔でにぎやかに帰ってきてくれることが何よりと思ってる。
 
 そこに教育とか躾とか、訓練とかはできるだけしたくない。
 
 子供たちは学校と家の往復だと、自由な時間。自分の時間が確保しにくい。
 特に障害を持ってる子供は常に大人の目にさらされていて、管理されてる。
 当然安全を考えなきゃいけない面もあるから、仕方ないところもあるんだけど、
 子供らしく、めいいっぱい楽しいことを確保したいな~って。

 うちの息子が小学校6年生の時に「息が詰まる」って言った事があって、
 子供のその感情に気がつこうとしない限り、大人は気づかないと思うんだよね。 
 立派な親ほど、ついつい目をかけ、手をかけしてしまう。
 でも、案外それが子供の成長を妨げたりすることもあるよね。


 にぎやかは、子供たちを決して放置してるわけじゃなく、汗水流し、子供の笑顔と元気に振り回されたといっておきましょうか・・・。
 大変だったけど、今夏休みを振り返っても子供たちの笑顔が思い出されます。
 毎日、毎日、子供たち、嫌がらずに通ってきてくれました。
 そのことで、自分たちの仕事。「これでいいのだ~」と今は納得しています。

 先生がたの話を聞いて、もっと工夫する点もあると思います。
 凝り固まった考えにならないよう、これからも「どうしたらいいかな~?」って考えることも大切にすることをここに宣言しまーす。
# by cherrypiepie | 2010-09-06 18:04 | 講演 | Comments(0)