子供と過ごす


 小学校一年生の娘「みつき」
 鳥取から一週間家を留守にし、ばあちゃんとお兄ちゃんと3人で留守番していた。
 私が帰ってきた時、とっても表情が固かった。
 「おかえり~」って駆け寄ってくるかと思ったが、来なかった。
 ただ、「遊んでほしい」という要求が強くて、私にはしんどかった。

 娘はとっても強がり、「さみしい」とは言わない。
 うれしいときもうれしいとは言えない。
 悲しい時もぐっと涙をこらえる表情をする。
 
 親子だけど、時に心開いて話をしようと向き合うと、
 顔をひきつらせて、逃げてしまう。


 
 
 先日、小学校入学して初めての懇談会。
 先生と約20分話をした。
 「甘えるのが苦手みたいですね」
 「美月ちゃん、冷静に人の動きをみていますね」

 さらに、この間こんなことがありました・・・

 お友達と共同作業のとき、友達の手を振り払って自分でやろうとする・・・
 
  
 この先生、とっても子供をよーく見ている。


 

 懇談会は子供を評価する場じゃなかった。

 先生に私を見抜かれている気がしたし、
 私自身が自分を振り返り、反省の場・・・いやいや懺悔の場だった。

 子供のとっている行動すべてが、
 私の問題だと思い、落ち込んだ。


 
 リフレッシュ休暇の残りの休みはとにかく子供と過ごそうと思った。
 子供のほうに私の意識が向くだけで、
 美月は穏やかな表情で、
 やたらに無理難題を言わず、
 良く笑い、良く話をし、私も楽しく過ごすことができた。


 いつも背中を向けているお母さんに「わたしを見て!」って
 必死の甘えが・・必死の思いが
 私を困らせることになって、どんどん二人の関係がギスギスしてた。


 今週末から仕事に復帰する。
 子育てと家事、そして仕事。 そして自分。
 色んなものがありすぎて、限られた時間をどう配分すればいいか?
 とっても私下手みたいです。

 また目が回って、自分を追い込まないように、気をつけよう!!
 美月にも、昨日、今日のような気持ちで一緒に居たい。
 この気持ち大事にしよう。


 
 
by cherrypiepie | 2010-07-19 22:36 | 子育て | Comments(0)