2回目のメンタルトレーニング

 今日は「行動科学・子育てコミュニケーション」という講義を聞いてきました。
 
 コミュニケーションの原点に、「自分を知る」ことが大事と説明があり、

 客観的に自分を知る手段として、
 「統計学」という生年月日から、自分の特性を知るという方法の説明があった。

 大まかに3分類できるらしく、
 「ロジカル」「ピース」「ビジョン」
 
 細かい説明はしませんが、
 私は「ロジカル」とのこと。
 現実的で冷静、計算高く、納得しないと行動できない。曲がったことがきらい。
 褒められることが苦手で融通がきかない。
 押しつけがましい親切を嫌い、
 急な変更にも弱く、自分のペースを崩されることが苦手。
 ・・・・などなど当たってるような、ないような。


 そんな感じで、自分や周囲の人の特性を知ると、コミュニケーション力も上昇する!!ってな話ですわ~。
 ホントに大まかです。
 もっと細かく分類していくと、さらに自分を深く知ることができるみたいっすよ。
 

 子育てにおいて、我が子といえども、1人の人格をもつ人間。
 でも、母親という偉大なる存在のエゴでしょうか・・・?
 産み育てた我が分身のように勘違いし、理解不能な子供の言動に、苛立ちを覚えてしまうけど、
 客観的にその子供の特性を知ってると、子育てもしやすいかもね。
 
 美月は「ビジョン」というタイプでした。(自分と同じロジカルだと思ったから意外だった~)
 勘違いしてる時点で美月をわかってないんだよな~。
 
 「ビジョン」は、
 想像力豊か。長話やくどくどと説教やいい訳をきくのは嫌う。
 自分の作業について、指摘は嫌うが褒められると素直に聞き入れやすい。
 とにかく、このタイプは褒めるのが一番みたい。


 そうかぁ~美月はビジョンだったのか!!と
 今までの私の接し方では、間違いなくかみ合わない部分もあった。間違いがあった。。


 と不思議ですが、この3タイプを理解していくと、接し方がみえてくる。
 とりあえず、これから美月は褒めてから物言うように注意します!(^^)!

 →参考までに「ピース」は争いごとを嫌い、和を保つ人。人に尽くしそれを幸せに感じるタイプ。
  感謝されると喜び。 先頭に立つのは嫌うが、存在は認めてもらいたい。
  大きな声や汚い言葉を嫌う。 
    ・・・・・・特徴を聞き、彼氏の省太くんは絶対このタイプだと思ったら予想的中でした。


 さて、さて、肝心の息子陽平(タイプはロジカル)ですが・・・・
 今回のトレーニングに参加してみての反応は「まっ面白かった」・・・の一言。
 何かが変わったか、なんて全然わかりません。
 とりあえず、よくぞ二日間行ってくれたと・・・・それだけで万々歳です。





 
 
by cherrypiepie | 2010-08-25 23:50 | 子育て | Comments(0)