36歳の挑戦

昨日、イワズモガナのメンバー。
写真右、ギターのしんちゃん。
写真左、パーカションのべんちゃんがにぎやかボランティアに来てくれました。

36歳の挑戦_d0180229_9198100.jpg



べんちゃんは介護のお仕事してるけど、
しんちゃんは初体験。
36歳にしての挑戦でした。

しんちゃんから感想届いてますので紹介します。






昨日は36歳の挑戦、ありがとうございました!

介護は大変なお仕事ですね。。。


でも、頑張ったら頑張った分、ダイレクトに感謝されたり、幸せそうな顔になられるのを見て、自分も幸せでした。

みなさま、周りの協力なしでは、自分一人で生きて行けないという事をちゃんと受け入れ知っておられ、謙虚な中、また個性や好みを発揮しておられる感じが、美しいと感じました。



新井さんとの会話は楽しかったです。

自分の事故の事や、息子さんの死の事、クリーニング屋さんの時の事や、ご兄弟の方々の事、

そしてお酒が好きで、辛口ではないアサヒスーパードライが一番好きとの事など、

たくさん話しして下さいました。

お酒の話しをしている時の新井さんの顔は嬉しそうでした!


今度飲みに行く約束をしました。


お洒落な新井さんにピッタリなお店をチェックしておきますね。





そして、今朝、夢を見ました。

新井さんとのお風呂の場面の夢です。

膝にポンと手が乗る感触を感じましたが、そこには、私の亡くなった父親の存在を感じました。





私の父親は植物状態でした。うまく喋れなかったのですが、父親は「あんと。あんと。」が口癖。


これ、「ありがとう」の意味です。



口癖というより、この言葉しか口にしてませんでした。



父親は毎日心から感謝して生きていた幸せな生活をしていたという事を36歳になって初めて素直に理解できました。





同時に新井さんにそっくりな、亡くなられたイケメンの息子さんの写真を見せてくれてたのですが、

もし息子さんと会話をするかのように、自分にお話ししていてくれていたとしたら、そんな風に接して頂けたら何より嬉しいなと感じました。




大した事は出来なかったのですが、にぎやかのみなさまにこのような思いになる環境やきっかけを頂けた事に感謝します。

ありがとうございます。


いつもは、イワズモガナで、ゆかたん、ベンちゃんと音楽の世界でコラボしてますが、

改めて、プロである事に気づかされました。

新井さんの髭剃りの時に、ベンちゃんに途中交代してもらったのですが、

その時の新井さんの気持ち良さそうな顔をみて、自分の時はちょっと不安そうだったので、正直、悔しかったです(笑)



わたしは介護職ではないですが、どんな事にも、喜ばれ度数ってあると思うので、

今度は、その喜ばれ度数が上がるようになりたいです。

36歳の挑戦_d0180229_2230462.jpg





いずれは阪井さんの様に、さつきさんの気持ちが理解できるようになれるくらい、喜ばれ度数が上がるようになりたいです。




そして、自分一人では何もできないという教えて頂いた学びを、しっかり受け入れて生きたいです。




そんなイワズモガナの演奏をまた楽しみにして下さいませ。

9月19日、オーバードホールでお待ちしてますね。

「ありがとうございます」が「ありがとうございます」を呼び寄せ、

東北、日本を「ありがとうございます」でみんなのパワーで溢れ返してみせましょう!
by cherrypiepie | 2011-08-12 09:15 | イワズモガナ