美月の帰省

今朝
美月帰っていきました。


美月の帰省_d0180229_09440256.jpg

本当は昨日帰る予定だったのですが、
北陸本線の土砂崩れで
またまた運行休止となり断念。

一夜明けて
名古屋経由で帰っていきました。


名古屋で
「ひつまぶし」食べてくるわ~!!と
まるで
明日また会えるみたいにあっさり行ってしまいました。


私も
ちょうど10年前陽平を大学に送り出したときのような寂しさは感じていません。

あの頃は
一人立ちしていく陽平の背中を見ながら
幾度となく涙を流した思い出があります。



それは
まだ私が若くて元気だったからでしょう。

今はとにかく美月が自立していく度に涙を流すどころか、
ホッと安堵しています。



とにかく
陽平も美月も
二人とも自分で生きていってもらわないと
私はもう子供の世話を焼く気力も体力もない。

もうなーー-い。
もうやー--だ。



お小遣いをあげるとか
経済的な援助くらいで

今回の美月の帰省時も私は財布です。


それで良し。

そのために
母は日々質素に暮らし
倹約しながらの生活に幸せを感じる今日この頃な感じなわけです。
















Commented by やまちゃん at 2022-08-19 18:39 x
安心して帰れる場所があるということだけで親の役割を果たせて居るのではないでしょうか。
それだけで充分ですよ。きっと。
Commented by cherrypiepie at 2022-08-21 15:05
母親は子供がいくつになっても
親としての至らなさを反省し自責の念を少なからず抱いているものだと思います。

そんな母親にはありがたい。
救いの言葉です。
ありがとうございます。



by cherrypiepie | 2022-08-19 09:59 | にぎやか | Comments(2)