災害時の拠点に

さて

神戸から戻り
マンション4階の我が家がどうなっているか・・・


心配しながらの帰宅でしたが


植木鉢が倒れていたり


災害時の拠点に_d0180229_19363783.jpeg



食器棚の引き出しが飛び出していたりはありましたが、



災害時の拠点に_d0180229_19365080.jpeg


食器については一枚も割れておらず
破損したものもありませんでした。



一番心配していたのが
玄関に飾っている大皿

ぜったい落ちてる!と思いきや




災害時の拠点に_d0180229_19370603.jpeg

意外に大丈夫だったり


テレビもぜったい倒れてるーーーと思いきや

普通に

立ってたりと



災害時の拠点に_d0180229_19584683.jpeg



思いのほか大丈夫でした。




にぎやかの方は
一階はこれまた玄関の壺も倒れることなく無事でしたが、


二階の事務所については
パソコンが落ちたり
書棚の書類が飛び出したり、

あと額が落ちてガラスが散乱したりと


結構な惨劇でした。




災害時の拠点に_d0180229_19371991.jpeg



またにぎやかがある「綾田町」は元が田んぼだったせいか

地盤がゆるく
液状化現象のようなものも見られており


本日
側溝に大量にたまった泥の排出に
奮闘しました。



災害時の拠点に_d0180229_19511503.jpg


ライト君が
 二度とにぎやかの手伝いはしないと豪語している
かくさんに応援をたのみ

「100年に一度のことだから、来たちゃ!」って

町内中の側溝を掃除する勢いで
片づけてくれました。




ライト君
町内中の側溝を心配してくれて
これまた
全部やるくらいの勢いでしたが、


とりあえず状況を町内会長さんに
目で確認してもらい
市役所等に報告してもらった方がいいからと

これ以上は
もうしなくていいよ!と言わないといけないほど



ライト君の奉仕の心というか


ひろーーーい
つよーーーい思いやりの心を持った若者だと

感心しております。


町内の方からも
「あんた、ライト君ほめてやって~♡。」と
散々忠告をうけました。


いやいや。
もちろん感謝もしますし、ほめてるつもりではいるのですが、




そうはいっても
私たちは今回の事を教訓に
学び

さらに成長していく必要もあります。



今なお行方不明の方や
被災し避難所で生活している方には申し訳ないのですが、

私たちは
今回のことを
良い体験になったとも考えています。



以後
予測不能な災害に見舞われるときのために

この教訓を皆さまに伝えていくことと
にぎやか&かっぱ庵の事だけでなく

地域の方々にも
支援できる場所でありたいと
強く感じました。


食料や水、
暖をとるための布団についても
多めに確保し

発電機の確保など
微力ながら
災害時の地域の拠点になれるよう

できることから
今後に備えていきていと思います。







 

by cherrypiepie | 2024-01-04 19:36 | にぎやか | Comments(0)