にぎやかだ!私

nigiyaka.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

2018年 11月 14日 ( 3 )

私は産みたい 最終話

ゆかりが
「赤ちゃんできた!」と
きっと
喜んでもらえるだろうと


一番最初に
伝えにきてくれた。


でも
私は

喜ぶどころか
頭をかかえた。

そして
「どうやって育てるが?」
「子どもを育てるって大変だよ!」って


ゆかりは
ずっと黙って
悲しい涙を流してた。。。。。



d0180229_1754770.jpg



「おめでとう。ゆかり良かったね」って
言うまで
3時間かかった。




今思い出すと
情けない。


「私は産みたい~障がい者と出産」を
見ながら

私は
とんでもなく狭い了見
それは
差別でもあり
偏見ともとれる

見解でもって

ゆかりを責めたように
とられてもおかしくない
対応だった。


でも
「ゆかりに産まれ!一緒に育てよう!」と
言えたのは

「にぎやか」があるから・・・・・

d0180229_18324884.jpg


「にぎやか」があるから

ゆかりと私は

はるきを育てることができている。


きっと

障がいに対する偏見や差別は
なくならない。

でも
障がいに対する偏見や差別が
不自由に感じない
社会の礎を
地域のなかに

つくること

それが
福祉とか制度とかになると

またヘンチクリンになりそうなんだけど


そんな
大げさなことでなくても

命あって
生きてる限り

人は強いし
優しい。


風吹ジュンの声で
語られる


「それでも・・・・・それでも
  生きてるって素晴らしい!」

全てを包み込む
言葉



「わたしは産みたい~障がい者と出産」

視聴したい方
ご連絡ください。

DVDお貸しします。
by cherrypiepie | 2018-11-14 18:43 | にぎやか | Comments(0)

私は産みたい 第二話

「私は産みたい~障がい者と出産」では

障がいをもちながら
子供を産み
育てる

母親も描かれている。

d0180229_17292758.jpg



「私らは、病院にいけば患者になってしまう。。。。」

妊婦としてではなく
患者として見られていることを

本人が一番感じている。

「普通聞かれないこと、家庭状況や生育歴など・・・」

それは
虐待を心配して
聞かれていることも


d0180229_17314645.jpg



山ちゃんは
軽い脳性まひがある。

男の子がふたり
すでに成人している。

d0180229_1730525.jpg



お母さんの障がいを理由に
授業参観に来ないで~!とか

言われんだん?って聞いた。


実は
私が美月に
言われていること。

理由は
「恥ずかしいから・・・」

(#^.^#)



ところが
山ちゃんは

「一回も言われたことない!」って


ちょっと
意外で驚いた。

でも
一度だけ
友だちに
いじめられたことがあるらしく。

写真左にうつる
旦那さんが
すぐに
学校に言いに行ったそう。


謝罪にきた
父兄が
持ってきた菓子箱

受け取らなかった!

「だって、そんなお菓子食べて美味しいですか!?」って


山ちゃん夫婦の
凛とした生き様に

感動した。

障がいがあるからと
卑屈になることはない。



d0180229_17303296.jpg


ね~ね~
朋ちゃん!!

堂々と
ゆうたのお母さんでいたらいい。

ゆうたにとって
日本一のお母さんだって
自信もっていい。


障がいがあるとかないとか
関係ない。

子供にとって
親であることに
親自身が誇りをもつことが

大切だと思う。
by cherrypiepie | 2018-11-14 17:48 | にぎやか | Comments(0)

私は産みたい 第一話

出生前診断とは
妊婦の血液から
胎児のDNAを調べ、ダウン症など3疾患の可能性を診る検査。

この検査によって
疾患が確定した9割が
中絶しているとのこと。


「生きるに値する命」と
「値しない命」

その検査によって
命が選別され
優生思想を助長すると危惧されている。


d0180229_13373689.jpg



でも
やっぱり
現実

お腹の中の赤ちゃんに
障がいがあるとわかったら

先日の
「私は産みたい~障害と出産」の上映会のあとの話し合い


d0180229_13391777.jpg



ゆいなのお母さんが

21歳、はじめてのお産で
この子が産まれました。

もし
妊娠中に検査によって
障がいのある子が産まれるとわかったら
その時
迷わずおろしていたと思う。。

でも
いまは

産まれてくる子も

この子であってほしいと思う。


色々な思いがこみ上げ
涙をこらえての
話に

もらい泣きしました。



d0180229_13435232.jpg



かれんママは

この子が産まれて
本当に悩んだ。

でも
泣いてばかりいてもと
奮起し
一緒にがんばってきた。

この子が
私にいろいろなことを教えてくれた。


d0180229_13475398.jpg


「ちずるのお陰」

夫婦共に
今幸せに過ごせるのは
この子がいるから・・・



d0180229_1358390.jpg



何事もなく
健康で過ごせる人が
どれだけいるでしょう。。。


苦労も
不幸と思えるような出来事も

良かったと思えるように生きることが
幸せな人生につながるように思う。

幸せは
与えられるものでなく
お金で買うものでもなく

自分の中から産まれてくるものだと

この日
上映会に参加してくれた
一人一人の人生から

感じました。


d0180229_1474527.jpg


命の選別
9割が
出生前診断によって

この笑顔が消えている。


正しい答などありません。
だからこそ
考える場は必要だと思います。
by cherrypiepie | 2018-11-14 14:14 | にぎやか | Comments(0)